脱毛の施術間隔、それは毛周期が関係していた!!毛周期ってなに?

脱毛の施術間隔、それは毛周期が関係していた!!毛周期ってなに?

エステやクリニックで脱毛を受ける際に、必ず守らなくては行けないのが施術間隔です。
基本的に施術間隔は2~3ヶ月が通常ですが、実はその期間というのは毛周期というムダ毛の生え替わり時期に関係があります。

ムダ毛を含む全身の体毛は一定の期間で生え替わっており、エステやクリニックで行われる脱毛方法では、必ず新しいムダ毛が生えてきたタイミングで施術しなければ効果が得られませんので、2~3ヶ月に1回のペースで施術を受けることになっています。
エステとクリニックで行われている脱毛方法は、それぞれフラッシュ方式、レーザー方式と呼ばれているものです。

これらはメカニズムの点ではほぼ同じで、光あるいはレーザーをムダ毛に照射して、毛根に熱を与えることで細胞にダメージを加え、ムダ毛が再生しないようにするというものです。

光とレーザーがこのように作用するのは、ムダ毛に存在するメラニンという黒い色素に反応するためです。
もしメラニンがない状態、つまり肌の表面にムダ毛が生えていない状態で毛根に照射したとしても脱毛効果は得られませんので、毛周期に合わせて施術を行うことが必要なのです。

完全にムダ毛がなくなるまでには、フラッシュ方式で10回程度、レーザー方式で5回程度の施術が目安とされています。
1回ごとの施術は2~3ヶ月を開けて行いますので全体でかかる期間は長期間となりますが、施術間隔を守って根気強く施術を続けることで確実にムダ毛は減っていきます。

ただし産毛など色素が薄くメラニンが少ないムダ毛に関しては効果が現れにくいことがあり、目安とされている回数よりも多くの回数が必要となることもあります。

もともと毛量が多い場合も多く回数が必要となる場合がありますので、あらかじめ理解しておきましょう。

全身脱毛は、なにが一番効果的なの!?痛くない?お教えします♪

全身脱毛は、なにが一番効果的なの!?痛くない?お教えします♪

女性が最も面倒で煩わしいと考えているムダ毛の処理、
肌を見せる時期などは特に、処理をしなければならない部位も多岐にわたるため、
数日おきに行わなければならない脱毛ケアは、とても気が重いものです。

処理後の素肌にトラブルを起こしてしまうことも多く、
本音でいえば体毛処理などしたくはないと考えている方も少なくはないでしょう。
しかし、女性の身体に、体毛が黒々と目立っていることは許せない、という男性も多く、
やはり身だしなみとしては、どうしてもしなければならないケアだといえるでしょう。

そこで、最近ではエステサロンで行われている美容脱毛が、一昔前に比べると、とてもリーズナブルな施術料金で受けられるようになっており、
全身脱毛でも夢ではなくなってきているので、試し始めている女性も増えていますが、
全身脱毛は、部位によって微妙に変化する体毛の質に、的確に対応しなければならないという高いスキルが求められるため、
もともと脱毛効果が低いエステケアでは、かなりの回数をお手入れに通わなければならないという問題も持ちあがっています。

全身脱毛をもっとも効率良く、効果的に進めていきたいのであれば、エステサロンではなく美容外科クリニックや美容皮膚科といった医療機関で
、医療レーザー処理を受けることをお勧めします。

医療レーザー脱毛は、医師が肌診断および毛周期の見極めをしっかりと行ったうえで、
その方に合った最適な脱毛計画をもとに進められていくので、一回ごとの施術でかなり高い脱毛効果を出すことができ、
効果的に脱毛ケアを進めていくことが出来ます。

数か月おきに数回程度受けるだけで、全身細部に至るまでツルツルになり、もう二度と体毛が生えてくることもありません。

また気になる痛みも、病院で医師が行う施術のため、塗る麻酔などを使った医療処置が受けられるので、痛みに耐える必要もありません。

家庭用脱毛器で、脱毛!本当に毛は生えてこなくなる??

家庭用脱毛器で、脱毛!本当に毛は生えてこなくなる??

セルフケアでムダ毛のお手入れをする時に頼りになるのが家庭用脱毛器ではないでしょうか。家庭で効果的な脱毛をする為の専用の機器であり、活用されている方も多いことでしょう。

そこで気になるのが家庭用脱毛器を利用することによって、本当にムダ毛が生えてこなくなるのかどうかですよね。結論から言えば生え難くすることは十分に可能です。

家庭用脱毛器で現在主流になっているのはフラッシュ方式とレーザー方式なのですが、
これらの光を照射する機器でムダ毛の働きを弱めさせることで成長スピードが遅くなります。
ですから毛抜きやカミソリなどでお手入れをする回数も減らすことができると言えるでしょう。

しかしながら脱毛効果というと曖昧になってしまいます。
確かに家庭用脱毛器を利用すると生え難くなるのですが、しかしながら完全に生えてこない訳ではありません。

あくまでも成長スピードが遅くなるだけであり、いわば抑毛としての効果しかないのです。ですからしばらくするとムダ毛はまた生えてくることが多いですし、定期的なお手入れが必要不可欠と言えます。

ただきちんとお手入れをしていけばムダ毛が気になり難くなるはずですので、利用する意義はあると言えるのではないでしょうか。

そもそも本当に脱毛をする為には医療機関へ行くしかありません。
家庭用脱毛器はもちろん、エステサロンでも永久的な効果がある脱毛はできませんが、医療機関なら毛根から断つことができます。

そして自宅で気軽に使える家庭用脱毛器に医療機関の施術のような強力な効果を持たせることはできませんので、必然的に効果としては低くなるのです。
その為、抑毛を望むのならばセルフケアも良いのですが、確実になくしたいのなら医療機関へ行くのが賢明と言えます。

ニードル脱毛って何歳からできるの?子供でもできる?教えて!

ニードル脱毛って何歳からできるの?子供でもできる?教えて!

ニードル脱毛は、日本語で針脱毛とも呼ばれていて、毛穴のひとつひとつに針を挿入し、電気を流すことで毛根を破壊する脱毛方法です。
毛根には毛乳頭という毛の生える元になる細胞があり、毛根を破壊されると毛を作ることができなくなります。
毛1本1本に対して行って行くので、施術にはとても時間がかかりますが、その分効果の高い脱毛ができます。

ムダ毛に悩む小さな女の子はたくさんいます。ニードル脱毛は何歳からできるのか、気になる人もいるでしょう。
一般的に、脱毛は成長が止まる18~20歳を目安に行われます。小学生や中学生など、成長途中の子供に対して行われることはありません。

女の子の場合は、思春期を迎えるとホルモンの分泌も変わり、脱毛しても、また毛が生えてしまうこともあります。
生えそろっていない毛に対して施術を行い、ムダ毛が減ったように見えても、まだ生えていない毛が出てきてしまったら、また施術を受けに行かなければいけません。
子供のうちは、大人と比べると皮膚も薄く、刺激を受けやすいのでお肌のトラブルにもつながる可能性が高いです。

また、ニードル脱毛は、針を挿入する痛みと、電気を流す痛みの二つに耐えなければいけません。何歳からと一概に決めるのではなく、成長が落ち着いて、痛みに耐えられる年齢になってから行った方がいいでしょう。

大人でも痛みを我慢できないこともあり、施術後には皮膚に赤みやかゆみが起きやすい方法です。それだけ負担が高いので、ニードル脱毛を行う主な年齢層は20~30代が多いのが実情です。
特に、社会人になって自分で自由にお金が使えるようになった20代前半の申し込みが多く、稼いだお金で脱毛するという風潮があります。

ニードル脱毛は本当に永久脱毛になるの?本当のところどうなの!?

ニードル脱毛は本当に永久脱毛になるの?本当のところどうなの!?

日頃のムダ毛の処理に悩む人にとって脱毛ケアは美を追究するための第一歩です。とはいえ忙しい毎日の中で自己脱毛などで手間暇をかけるのはロスが大きくなってしまいます。
そんな煩わしさを回避して、手軽かつ安全に処理する上でもサロンやクリニックを使った脱毛施術は大きな効果を発揮してくれることでしょう。

そんな専門機関で特に高い効果と利用者の支持を集めているのがニードル脱毛です。ニードル脱毛は永久脱毛とも呼ばれており、一度その施術を受けると効果が永久に続くことでも知られています。
クリニックの医療レーザー脱毛やエステやサロンのレーザーやワックスを使った脱毛でも永久脱毛とうたっているものもありますが、本来の意味での永久脱毛となるのはニードル脱毛のみとなります。

その手法は微量の電流を帯びたニードルを毛穴ひとつひとつに刺して、手作業にて毛根を丁寧に破壊していきます。
この時には毛根の根元にある毛母細胞や毛乳頭にも電流を流してダメージを与えますので、この影響によってムダ毛の発毛力や育毛力は完全に失われて、毛根組織自体が機能しない状態となります。

同じようにレーザー脱毛でも毛根のメラニン色素と反応させて熱エネルギーを集中させ、毛根組織にダメージを与えると言う手法がとられますが、しかしこれでは完全に毛根が死滅することにはつながりません。
その点、ニードル脱毛では脱毛士が自分の目で確認しながら、手作業にてムダ毛を処理していきますので、確実にムダ毛を永久に払拭することが可能となるのです。
ただしその高い脱毛効果ゆえに施術ではそれなりの時間と費用がかかることも念頭に置いておいたほうが良いでしょう。

また、ニードル脱毛ではその施術にアフターサービスや保証が付いている場合もあります。
万が一にも施術後に満足がいかなかったり、ムダ毛が生えてきた場合にはもう一度納得のいくまで施術を受けるシステムを採用しているところもありますので、事前にきちんと確かめてから選択すると良いでしょう。

ブラジリアンワックスによるVIO処理って綺麗に仕上がる?

ブラジリアンワックスによるVIO処理って綺麗に仕上がる?

ブラジリアンワックスによるVIO処理は、仕上がりもキレイです。

カミソリでムダ毛を剃る自己処理などと比べても、ブラジリアンワックスでのVIO脱毛は、かなり仕上がりはキレイですし、毛の再生が遅いので、だいたい1ヶ月くらいは、ムダ毛のないツルツルなお肌をキープできるのもメリットです。体毛を抜く処理ではありますが、毛抜きで1本1本抜くような手間のかかる処理ではないので、短時間でムダ毛をなくす処理ができるのも良いところです。

専用のワックスを肌に塗ってはがすときに、古い角質なども一緒に剥がすことができるため、お肌はスベスベになります。ムダ毛は一気に消えますし、お肌の状態もスベスベになりますから、その実感にワックスが病みつきになる女性も増えています。

脱毛サロンでの光脱毛の場合であれば、お肌のツルツル状態を目指すまでには、何回もサロンへ火曜必要があります。でもワックスのサロンでのお手入れならば、すぐにデリケートトーンも、ムダ毛のないスベスベな肌状態を手に入れることができます。

海やプールに2週間後に出かける予定が入っても、ワックスでの脱毛なら、すぐに水着も着用できる状態にすることができます。光脱毛などのお手入れだと、色の薄い産毛などには弱いところがありますが、ワックスなら毛の色は関係なく、スッキリと処理することができるのもいいところです。

ブラジリアンワックスであれば、Iラインのヒダ部分まで、ワックス処理できるのも強みです。光脱毛だと、ひだの部分までのお手入れはできません。

ブラジリアンワックスは、アンダーヘアをパーフェクトに取り除く処理方法ですから、本当にツルツルを求める人にはぴったりな脱毛方法でもあります。

ブラジリアンワックスのメリット、デメリットって?詳しく聞かせて!

ブラジリアンワックスのメリット、デメリットって?詳しく聞かせて!

ビキニラインを脱毛したい、というときにおすすめなのがブラジリアンワックス脱毛です。
ブラジリアンワックスとは、毛に直接ワックスを塗り固めて、一気に毛を抜き取るというシンプルな脱毛方法です。
サロンによってワックスの成分はさまざまでシュガーワックスやオイルワックス、ハードワックスなどがあります。最近では、セルフ処理できるワックスも販売しており、脱毛サロンに行くのが恥ずかしいという人でも行なうことができます。

ブラジリアンワックスのメリットとしては、レーザー脱毛や光脱毛に比べるとコストパフォーマンスが良く、毛根から引き抜くためにカミソリや電気シェーバーで処理するよりも仕上がりが綺麗で、毛根から引き抜くという処理方法のため毛が生えてくるまでに約6週間の期間があるため手入れの回数が少なくなる、広い面積を処理することができるため、短時間で処理が終わることなどがあげられます。

しかし、デメリットも多い方法で、我慢できない痛みですが毛を引き抜くため確実に痛みがある、肌への負担が大きいため出血や炎症、埋没毛などの肌トラブルが起こりやすい、皮膚の角質も一緒に剥がしてしまい、
慣れないと処理が難しい、完全に脱毛できるわけではないため定期的に処理する必要があります。

行なったあとは、必ず冷たいタオルなどで肌を鎮静させ、肌に残ったワックスは石鹸で洗わないか、たっぷりの泡で優しく洗い流し、乾燥しやすいため化粧水で保湿をして、直射日光を避けるなどのケアが大切です。

メリットとデメリットの大きい脱毛方法ですので、サロンに行ってプロの施術を行なってもらうか、きちんと知識を得てから自分で脱毛することが重要です。
また、二週間後くらいでスクラブを使いアフターケアをすることで埋没毛を防ぐことができます。

ブラジリアンワックスとレーザー脱毛の違いって?どっちがいいの?

ブラジリアンワックスとレーザー脱毛の違いって?どっちがいいの?

最近ブラジリアンワックスを利用する人が増えています。ブラジリアンワックスには肌の潤いを蘇らせる効果がありますので、美容に敏感な人たちにも選ばれているようです。
なぜ肌の潤いが蘇るのかというと、ワックスを剥がす時に古い細胞をムダ毛と一緒に取り除くことができるからです。
ムダ毛を無くすのと同時にキメの整った肌まで手に入れることができますので、美容面から考えて選ばれることも増えています。
肌のターンオーバー周期が乱れている人に特に効果的な施術であり、定期的に通うことで美肌をキープすることができます。
それに対し、レーザー脱毛は医療機関で行われている施術です。ムダ毛の黒いメラニン色素に反応する特殊な光を照射して、毛母細胞の働きにダメージを与えます。
毛母細胞の働きにダメージを与えるということは、ムダ毛の再生能力に影響を及ぼすということです。

つまり、ムダ毛が再生してこないような状態を作り上げることができますので、その後の面倒な手間が必要なくなります。
ブラジリアンワックスとの最大の違いはこの再生能力に影響を与えることができるかどうかという点であり、繰り返し処理を行うことで肌コンディションを低下させている場合にはレーザー脱毛を選びたいところです。

費用的にも違いあります。ブラジリアンワックスはコンスタントに通わなければならない分、費用もリーゾナブルです。
肌のメンテナンスのために通うという感覚で利用する人もいますので、通うのが苦にならない場合にはかなり魅力的な方法です。
肌トラブルが見られる場合でも、施術を繰り返し受けているうちに改善されていきますので、
ムダ毛を取り除くという面だけでなく美肌を作るという観点からも優秀です。

レーザー脱毛って妊娠中でもできるの?あなたの不安、解消します!

レーザー脱毛って妊娠中でもできるの?あなたの不安、解消します!

レーザー脱毛したいけれど妊娠している方、結婚したばかりで妊娠を望んでいる方もいるでしょう。レーザーを当てるだけで脱毛できるレーザー脱毛、妊娠中でもできるのでしょうか。基本的に妊娠中のレーザー脱毛は禁止されています。これはお腹の赤ちゃんにレーザーが悪影響を及ぼすからではありません。

レーザーの光は皮膚の奥深くの内臓にまでは届かないので、胎児に直接的な影響はないと言われています。それなのになぜ妊娠中の施術はNGとされているのか。その理由は主に2つあります。

まず1つ目として母体の体調を考えてです。妊娠中は通常の体とは異なります。通常であれば照射しても何の問題もないですが、この時期に照射することで問題が起こる可能性があるからです。もちろん胎児に直接ダメージを与えることはないですが、レーザーを照射されるといった普段と違う行為を行うことで、

それがストレスとなって母体や胎児に間接的に何らかの影響がある可能性があるからです。照射という行為が心理的ストレスとなって体調を崩したり、胎児に何かの影響が出ないとは言い切れません。

2つ目にホルモンバランスの問題もあります。妊娠期間はホルモンバランスの関係で通常よりも体毛が濃くなることがあります。

つまりこの時期にレーザー脱毛をしても通常よりも毛が濃いのでなかなか効果が出ませんし、ツルツルになってもホルモンの関係でまた生えてくる可能性が高いのです。そのためあえてこの時期に脱毛をすることはないのです。

こういったことから、妊娠期間はレーザー脱毛をするのは避けた方がいいのです。脱毛中に妊娠が判明しても慌てないでください。上記のように胎児には直接的ダメージはありません。

慌てずにスタッフに妊娠の旨を告げて一旦お休みにするといいでしょう。

レーザー脱毛とブラジリアンワックス、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

レーザー脱毛とブラジリアンワックス、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

ムダ毛が気になる人にとって、有名な脱毛方法であるレーザー脱毛とブラジリアンワックスは本当に生えてこなくなるのか、もしくはどっちがいいのか分からなくて頭を悩ませがちです。

両者を比較してみると、施術後にムダ毛が生えてこなくなることを望むならば、レーザー脱毛の方がより脱毛効果を実感する事が可能です。
なぜならレーザー脱毛は医療機関でのみ受けることが出来る医療行為であり、専門知識を持つ医師や看護師の元でムダ毛を毛穴から処理していくことが可能です。
ムダ毛の生え変わりを行う部分をレーザーの強い部分で照射していくため、施術を繰り返すことによって徐々にムダ毛の再生能力を失わせる効果を得ることが出来るのです。
現に永久脱毛と謳ってよいのは医療機関で行われる脱毛だけであるため、その脱毛効果の高さはピカイチでしょう。

ではブラジリアンワックスの魅力について考えましょう。
ブラジリアンワックスの場合、施術後にムダ毛が生えてこなくなる効果を実感する事は難しいですが、
一度の施術で広範囲のムダ毛をあっという間に脱毛することが出来るスピーディーさは大変魅力的です。
また美肌成分がたっぷりと含まれたワックス剤を使用する事によって、肌の保護や保湿を感じることも出来て、
手触りも滑らかでしっとりした美肌を実感する事が出来るでしょう。

脇やビキニラインなど範囲が狭くてデリケートな範囲でもあっという間に脱毛することが出来るブラジリアンワックスなので、
すぐにツルツルになりたいという人にとっては大変おすすめの方法です。

そのため、どちらの方法がいいのかは脱毛に対して何を求めているかによって異なるため自分がどの程度ムダ毛を処理したいのか、
どのくらいの時間を施術にかけられるのかを頭に入れて検討すると良いでしょう。