レーザー脱毛って妊娠中でもできるの?あなたの不安、解消します!

レーザー脱毛って妊娠中でもできるの?あなたの不安、解消します!

レーザー脱毛したいけれど妊娠している方、結婚したばかりで妊娠を望んでいる方もいるでしょう。レーザーを当てるだけで脱毛できるレーザー脱毛、妊娠中でもできるのでしょうか。基本的に妊娠中のレーザー脱毛は禁止されています。これはお腹の赤ちゃんにレーザーが悪影響を及ぼすからではありません。

レーザーの光は皮膚の奥深くの内臓にまでは届かないので、胎児に直接的な影響はないと言われています。それなのになぜ妊娠中の施術はNGとされているのか。その理由は主に2つあります。

まず1つ目として母体の体調を考えてです。妊娠中は通常の体とは異なります。通常であれば照射しても何の問題もないですが、この時期に照射することで問題が起こる可能性があるからです。もちろん胎児に直接ダメージを与えることはないですが、レーザーを照射されるといった普段と違う行為を行うことで、

それがストレスとなって母体や胎児に間接的に何らかの影響がある可能性があるからです。照射という行為が心理的ストレスとなって体調を崩したり、胎児に何かの影響が出ないとは言い切れません。

2つ目にホルモンバランスの問題もあります。妊娠期間はホルモンバランスの関係で通常よりも体毛が濃くなることがあります。

つまりこの時期にレーザー脱毛をしても通常よりも毛が濃いのでなかなか効果が出ませんし、ツルツルになってもホルモンの関係でまた生えてくる可能性が高いのです。そのためあえてこの時期に脱毛をすることはないのです。

こういったことから、妊娠期間はレーザー脱毛をするのは避けた方がいいのです。脱毛中に妊娠が判明しても慌てないでください。上記のように胎児には直接的ダメージはありません。

慌てずにスタッフに妊娠の旨を告げて一旦お休みにするといいでしょう。