ブラジリアンワックスとレーザー脱毛の違いって?どっちがいいの?

ブラジリアンワックスとレーザー脱毛の違いって?どっちがいいの?

最近ブラジリアンワックスを利用する人が増えています。ブラジリアンワックスには肌の潤いを蘇らせる効果がありますので、美容に敏感な人たちにも選ばれているようです。
なぜ肌の潤いが蘇るのかというと、ワックスを剥がす時に古い細胞をムダ毛と一緒に取り除くことができるからです。
ムダ毛を無くすのと同時にキメの整った肌まで手に入れることができますので、美容面から考えて選ばれることも増えています。
肌のターンオーバー周期が乱れている人に特に効果的な施術であり、定期的に通うことで美肌をキープすることができます。
それに対し、レーザー脱毛は医療機関で行われている施術です。ムダ毛の黒いメラニン色素に反応する特殊な光を照射して、毛母細胞の働きにダメージを与えます。
毛母細胞の働きにダメージを与えるということは、ムダ毛の再生能力に影響を及ぼすということです。

つまり、ムダ毛が再生してこないような状態を作り上げることができますので、その後の面倒な手間が必要なくなります。
ブラジリアンワックスとの最大の違いはこの再生能力に影響を与えることができるかどうかという点であり、繰り返し処理を行うことで肌コンディションを低下させている場合にはレーザー脱毛を選びたいところです。

費用的にも違いあります。ブラジリアンワックスはコンスタントに通わなければならない分、費用もリーゾナブルです。
肌のメンテナンスのために通うという感覚で利用する人もいますので、通うのが苦にならない場合にはかなり魅力的な方法です。
肌トラブルが見られる場合でも、施術を繰り返し受けているうちに改善されていきますので、
ムダ毛を取り除くという面だけでなく美肌を作るという観点からも優秀です。

レーザー脱毛って妊娠中でもできるの?あなたの不安、解消します!

レーザー脱毛って妊娠中でもできるの?あなたの不安、解消します!

レーザー脱毛したいけれど妊娠している方、結婚したばかりで妊娠を望んでいる方もいるでしょう。レーザーを当てるだけで脱毛できるレーザー脱毛、妊娠中でもできるのでしょうか。基本的に妊娠中のレーザー脱毛は禁止されています。これはお腹の赤ちゃんにレーザーが悪影響を及ぼすからではありません。

レーザーの光は皮膚の奥深くの内臓にまでは届かないので、胎児に直接的な影響はないと言われています。それなのになぜ妊娠中の施術はNGとされているのか。その理由は主に2つあります。

まず1つ目として母体の体調を考えてです。妊娠中は通常の体とは異なります。通常であれば照射しても何の問題もないですが、この時期に照射することで問題が起こる可能性があるからです。もちろん胎児に直接ダメージを与えることはないですが、レーザーを照射されるといった普段と違う行為を行うことで、

それがストレスとなって母体や胎児に間接的に何らかの影響がある可能性があるからです。照射という行為が心理的ストレスとなって体調を崩したり、胎児に何かの影響が出ないとは言い切れません。

2つ目にホルモンバランスの問題もあります。妊娠期間はホルモンバランスの関係で通常よりも体毛が濃くなることがあります。

つまりこの時期にレーザー脱毛をしても通常よりも毛が濃いのでなかなか効果が出ませんし、ツルツルになってもホルモンの関係でまた生えてくる可能性が高いのです。そのためあえてこの時期に脱毛をすることはないのです。

こういったことから、妊娠期間はレーザー脱毛をするのは避けた方がいいのです。脱毛中に妊娠が判明しても慌てないでください。上記のように胎児には直接的ダメージはありません。

慌てずにスタッフに妊娠の旨を告げて一旦お休みにするといいでしょう。

レーザー脱毛とブラジリアンワックス、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

レーザー脱毛とブラジリアンワックス、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

ムダ毛が気になる人にとって、有名な脱毛方法であるレーザー脱毛とブラジリアンワックスは本当に生えてこなくなるのか、もしくはどっちがいいのか分からなくて頭を悩ませがちです。

両者を比較してみると、施術後にムダ毛が生えてこなくなることを望むならば、レーザー脱毛の方がより脱毛効果を実感する事が可能です。
なぜならレーザー脱毛は医療機関でのみ受けることが出来る医療行為であり、専門知識を持つ医師や看護師の元でムダ毛を毛穴から処理していくことが可能です。
ムダ毛の生え変わりを行う部分をレーザーの強い部分で照射していくため、施術を繰り返すことによって徐々にムダ毛の再生能力を失わせる効果を得ることが出来るのです。
現に永久脱毛と謳ってよいのは医療機関で行われる脱毛だけであるため、その脱毛効果の高さはピカイチでしょう。

ではブラジリアンワックスの魅力について考えましょう。
ブラジリアンワックスの場合、施術後にムダ毛が生えてこなくなる効果を実感する事は難しいですが、
一度の施術で広範囲のムダ毛をあっという間に脱毛することが出来るスピーディーさは大変魅力的です。
また美肌成分がたっぷりと含まれたワックス剤を使用する事によって、肌の保護や保湿を感じることも出来て、
手触りも滑らかでしっとりした美肌を実感する事が出来るでしょう。

脇やビキニラインなど範囲が狭くてデリケートな範囲でもあっという間に脱毛することが出来るブラジリアンワックスなので、
すぐにツルツルになりたいという人にとっては大変おすすめの方法です。

そのため、どちらの方法がいいのかは脱毛に対して何を求めているかによって異なるため自分がどの程度ムダ毛を処理したいのか、
どのくらいの時間を施術にかけられるのかを頭に入れて検討すると良いでしょう。

光脱毛ってアトピー肌でもできる??気になることを教えます♪

光脱毛ってアトピー肌でもできる??気になることを教えます♪

カミソリや毛抜きを使った面倒な自己処理から解放されたい、となると選びたくなるのがエステの光脱毛です。
これでツルツルにすれば面倒な自己処理とはおさらばできるのです。
格安サロンも増え若い女性でも通いやすくなった光脱毛ですが、アトピー肌でも可能なのでしょうか。

結論から言うと、ケースバイケースです。
アトピー肌と言っても人によってその症状の程度に差がありますし、同じ人でもその時々によって症状の程度の差が出てくるからです。
つまり実際に炎症が起きていたり、出血があったりするような場合は光脱毛できませんが、症状が落ち着いていて炎症など起きていない場合はできることが多いのです。ただし、アトピーの方が実際に施術をするのは自己判断ではだめです。
担当医の診断書は絶対必要になることは忘れないでください。
アトピー肌の方こそ本当は光脱毛のような肌にやさしい脱毛法でお手入れすべきなのです。

というのはカミソリを使ったシェービングは肌の角質まで剃り落す可能性、それに肌を傷付ける可能性があります。
また毛抜きは毛を抜く際に皮膚の一部に大きな負担がかかるため皮膚や毛穴を傷付ける可能性があるなど、自己処理が肌に与えるダメージは大きいのです。
それに比べて光脱毛は光を当てるだけでお手入れが進むので、肌に与えるダメージは少ないのです。
それに一旦脱毛してツルツルになれば、その状態を長期間維持できるので、その後のムダ毛処理の必要がなくなります。
つまり肌へダメージを与える行為をしなくて済むのです。

自分はアトピー肌だから光脱毛は無理と諦めているあなた。
最初から諦めてはもったいない。一度担当医に相談してはいかがでしょうか。
意外とあっさりと許可がおりるかもしれません。

光脱毛のデメリットってどんなところ?気になっていること教えます♪

光脱毛のデメリットってどんなところ?気になっていること教えます♪

最近では実に色々な脱毛方法が世の中に溢れているものですが、その中でも最も有名であり、尚且つポピュラーな脱毛方法として注目を集めているのが光脱毛です。
光脱毛には様々なメリットがあることもあり、多くの美肌を目指す人達に洗濯されているのです。
しかし光脱毛にももちろんデメリットというものもあります。
ただメリットに比べてイマイチデメリットというのは、それ程世の中の人々に認知されていないという現状にあるのです。

それでは具体的に、光脱毛のデメリットにはどのようなものがあるというのでしょうか。
まず何といっても脱毛の施術を受ける際に、非常にひんやりとした冷たさを我慢しなければいけないという点が第一に挙げられます。
もちろん人によって感じ方は様々であり、どうってことないという人も世の中には沢山いるのもまた事実です。
しかし大抵の施術を受ける人達は、何とも言えないひんやりとした冷たい感覚を苦手としているのです。暑い夏ならともかく、寒い冬の時期にひんやりとした感覚なんて味わいたくないという人も沢山いるのです。
しかし当然エステサロンのスタッフ達はなるべく客が不快な思いをすることのないように気を付けています。
常にエアコン等で温度を調節していますし、毛布等をかけながら施術をしてくれます。なのでそれ程心配することはないのだということが言えます。

それから光脱毛のもう一つのデメリットとして、完全な脱毛効果が得られるまでにはある程度の期間を要するのだということが挙げられます。
ニードル脱毛などと違い、即効性はあまりありません。
なので人によってもちろん期間もまた違ってきますが、年単位の期間が必要となってくるので、根気が必要となるのです。