ニードル脱毛って何歳からできるの?子供でもできる?教えて!

ニードル脱毛って何歳からできるの?子供でもできる?教えて!

ニードル脱毛は、日本語で針脱毛とも呼ばれていて、毛穴のひとつひとつに針を挿入し、電気を流すことで毛根を破壊する脱毛方法です。
毛根には毛乳頭という毛の生える元になる細胞があり、毛根を破壊されると毛を作ることができなくなります。
毛1本1本に対して行って行くので、施術にはとても時間がかかりますが、その分効果の高い脱毛ができます。

ムダ毛に悩む小さな女の子はたくさんいます。ニードル脱毛は何歳からできるのか、気になる人もいるでしょう。
一般的に、脱毛は成長が止まる18~20歳を目安に行われます。小学生や中学生など、成長途中の子供に対して行われることはありません。

女の子の場合は、思春期を迎えるとホルモンの分泌も変わり、脱毛しても、また毛が生えてしまうこともあります。
生えそろっていない毛に対して施術を行い、ムダ毛が減ったように見えても、まだ生えていない毛が出てきてしまったら、また施術を受けに行かなければいけません。
子供のうちは、大人と比べると皮膚も薄く、刺激を受けやすいのでお肌のトラブルにもつながる可能性が高いです。

また、ニードル脱毛は、針を挿入する痛みと、電気を流す痛みの二つに耐えなければいけません。何歳からと一概に決めるのではなく、成長が落ち着いて、痛みに耐えられる年齢になってから行った方がいいでしょう。

大人でも痛みを我慢できないこともあり、施術後には皮膚に赤みやかゆみが起きやすい方法です。それだけ負担が高いので、ニードル脱毛を行う主な年齢層は20~30代が多いのが実情です。
特に、社会人になって自分で自由にお金が使えるようになった20代前半の申し込みが多く、稼いだお金で脱毛するという風潮があります。

ニードル脱毛は本当に永久脱毛になるの?本当のところどうなの!?

ニードル脱毛は本当に永久脱毛になるの?本当のところどうなの!?

日頃のムダ毛の処理に悩む人にとって脱毛ケアは美を追究するための第一歩です。とはいえ忙しい毎日の中で自己脱毛などで手間暇をかけるのはロスが大きくなってしまいます。
そんな煩わしさを回避して、手軽かつ安全に処理する上でもサロンやクリニックを使った脱毛施術は大きな効果を発揮してくれることでしょう。

そんな専門機関で特に高い効果と利用者の支持を集めているのがニードル脱毛です。ニードル脱毛は永久脱毛とも呼ばれており、一度その施術を受けると効果が永久に続くことでも知られています。
クリニックの医療レーザー脱毛やエステやサロンのレーザーやワックスを使った脱毛でも永久脱毛とうたっているものもありますが、本来の意味での永久脱毛となるのはニードル脱毛のみとなります。

その手法は微量の電流を帯びたニードルを毛穴ひとつひとつに刺して、手作業にて毛根を丁寧に破壊していきます。
この時には毛根の根元にある毛母細胞や毛乳頭にも電流を流してダメージを与えますので、この影響によってムダ毛の発毛力や育毛力は完全に失われて、毛根組織自体が機能しない状態となります。

同じようにレーザー脱毛でも毛根のメラニン色素と反応させて熱エネルギーを集中させ、毛根組織にダメージを与えると言う手法がとられますが、しかしこれでは完全に毛根が死滅することにはつながりません。
その点、ニードル脱毛では脱毛士が自分の目で確認しながら、手作業にてムダ毛を処理していきますので、確実にムダ毛を永久に払拭することが可能となるのです。
ただしその高い脱毛効果ゆえに施術ではそれなりの時間と費用がかかることも念頭に置いておいたほうが良いでしょう。

また、ニードル脱毛ではその施術にアフターサービスや保証が付いている場合もあります。
万が一にも施術後に満足がいかなかったり、ムダ毛が生えてきた場合にはもう一度納得のいくまで施術を受けるシステムを採用しているところもありますので、事前にきちんと確かめてから選択すると良いでしょう。

ブラジリアンワックスによるVIO処理って綺麗に仕上がる?

ブラジリアンワックスによるVIO処理って綺麗に仕上がる?

ブラジリアンワックスによるVIO処理は、仕上がりもキレイです。

カミソリでムダ毛を剃る自己処理などと比べても、ブラジリアンワックスでのVIO脱毛は、かなり仕上がりはキレイですし、毛の再生が遅いので、だいたい1ヶ月くらいは、ムダ毛のないツルツルなお肌をキープできるのもメリットです。体毛を抜く処理ではありますが、毛抜きで1本1本抜くような手間のかかる処理ではないので、短時間でムダ毛をなくす処理ができるのも良いところです。

専用のワックスを肌に塗ってはがすときに、古い角質なども一緒に剥がすことができるため、お肌はスベスベになります。ムダ毛は一気に消えますし、お肌の状態もスベスベになりますから、その実感にワックスが病みつきになる女性も増えています。

脱毛サロンでの光脱毛の場合であれば、お肌のツルツル状態を目指すまでには、何回もサロンへ火曜必要があります。でもワックスのサロンでのお手入れならば、すぐにデリケートトーンも、ムダ毛のないスベスベな肌状態を手に入れることができます。

海やプールに2週間後に出かける予定が入っても、ワックスでの脱毛なら、すぐに水着も着用できる状態にすることができます。光脱毛などのお手入れだと、色の薄い産毛などには弱いところがありますが、ワックスなら毛の色は関係なく、スッキリと処理することができるのもいいところです。

ブラジリアンワックスであれば、Iラインのヒダ部分まで、ワックス処理できるのも強みです。光脱毛だと、ひだの部分までのお手入れはできません。

ブラジリアンワックスは、アンダーヘアをパーフェクトに取り除く処理方法ですから、本当にツルツルを求める人にはぴったりな脱毛方法でもあります。

ブラジリアンワックスのメリット、デメリットって?詳しく聞かせて!

ブラジリアンワックスのメリット、デメリットって?詳しく聞かせて!

ビキニラインを脱毛したい、というときにおすすめなのがブラジリアンワックス脱毛です。
ブラジリアンワックスとは、毛に直接ワックスを塗り固めて、一気に毛を抜き取るというシンプルな脱毛方法です。
サロンによってワックスの成分はさまざまでシュガーワックスやオイルワックス、ハードワックスなどがあります。最近では、セルフ処理できるワックスも販売しており、脱毛サロンに行くのが恥ずかしいという人でも行なうことができます。

ブラジリアンワックスのメリットとしては、レーザー脱毛や光脱毛に比べるとコストパフォーマンスが良く、毛根から引き抜くためにカミソリや電気シェーバーで処理するよりも仕上がりが綺麗で、毛根から引き抜くという処理方法のため毛が生えてくるまでに約6週間の期間があるため手入れの回数が少なくなる、広い面積を処理することができるため、短時間で処理が終わることなどがあげられます。

しかし、デメリットも多い方法で、我慢できない痛みですが毛を引き抜くため確実に痛みがある、肌への負担が大きいため出血や炎症、埋没毛などの肌トラブルが起こりやすい、皮膚の角質も一緒に剥がしてしまい、
慣れないと処理が難しい、完全に脱毛できるわけではないため定期的に処理する必要があります。

行なったあとは、必ず冷たいタオルなどで肌を鎮静させ、肌に残ったワックスは石鹸で洗わないか、たっぷりの泡で優しく洗い流し、乾燥しやすいため化粧水で保湿をして、直射日光を避けるなどのケアが大切です。

メリットとデメリットの大きい脱毛方法ですので、サロンに行ってプロの施術を行なってもらうか、きちんと知識を得てから自分で脱毛することが重要です。
また、二週間後くらいでスクラブを使いアフターケアをすることで埋没毛を防ぐことができます。